企業法務の弁護士の仕事内容について紹介しています。

企業法務の弁護士

トラブルを解決する
Menu

労働問題というのは、残業、解雇、賃金、パワハラ・セクハラなど、多岐にわたる内容があります。事業活動を人を雇って行っている以上、労働問題は企業にとっては避けることができないものです。しかしながら、この対策が十分でない企業が多くあります。実際に、調査や連絡が労働基準監督署からあったり、警告書が従業員側の弁護士から届いたりしてから、弁護士に初めて相談するようなケースが多くあります。未然に紛争にまで労働問題が発展する事態を回避するためには、人事の担当者や経営者は、常に日頃から従業員の状況や労働環境を意識して、トラブルが起きる前に対処することが必要になってきます。 法律事務所では、日常的にこのようなトラブルを予防するためのアドバイスや具体的な案件に応じた対応サービスを提供しています。もちろん、法律事務所に在籍している弁護士は、労働審判や労働訴訟などの企業法務のトラブルを解決する場合の手続に関しても経験を豊富に有しています。そのため、労働問題がトラブルのような状況になった場合でも、責任を持って解決が最終的にできるまで対応します。労働問題が起きないようにするためには、企業法務に詳しい弁護士に相談することがおすすめです。