企業法務の弁護士の仕事内容について紹介しています。

企業法務の弁護士

法的リスクの最小化
Menu

一言で企業法務と言っても、さまざまな内容があります。弁護士事務所では、契約書の作成、契約交渉、債権回収・管理、企業側の労働法務、CSR・コンプライアンスなどに対応しています。ここでは、弁護士が企業法務に関与する意味について見ていきましょう。 企業の平時の関心は、ほとんどの場合、前向きな業務の今までの進捗確認、新たなサービスや新製品の開発、新しい取引先の開拓などにあります。このような中において、後向きの法的なトラブルが起きた際の対応というようなことは、検討を可能であればしたくないということが実際でしょう。また、検討したいが、例えば、ビジネス上の取引先との関係などから交渉がなかなかできないというような問題もあるでしょう。さらに、日々の忙しい業務の中において、法令の頻繁にある改廃や制定、新しく示された判例等を把握することはできないというような問題もあるでしょう。 しかしながら、企業法務に法律のプロである弁護士が関与すると、法的な問題を検討するために企業は時間を大きくとられることなく、本業に時間をかけることができます。また、最小限に企業の法的リスクをすることが可能になります。このことが、弁護士が企業法務に関与する意味でしょう。