企業法務の弁護士の仕事内容について紹介しています。

企業法務の弁護士

コスト・時間的に有益
Menu

適切に会社が持っている債権を回収・管理することは、非常に会社の経営の基盤を確立するために大切です。また、適切に債権の回収・管理を行うことによって、会社の業績に自らの業務がつながっていることを従業員に体感させ、仕事に対する意欲をアップさせることにつながってきます。逆に言うと、債権の回収・管理をいい加減にすることは、会社の儲けを低下させる以外に、仕事に対する従業員の意欲も失わせるリスクもあると言えます。 適切に債権の管理を行うためには、時効制度について把握することが必要です。しかしながら、時効制度は難解かつ複雑であり、毎日の仕事を行いながら、時効制度について把握するのは、難しいでしょう。また、債権の回収の場合には、任意に相手方が支払をしてこない場合には、裁判を起こす必要がある場合があります。裁判を起こす場合 には、手続きとして保全処分、強制執行、本案訴訟があります。しかしながら、いずれも非常に法的知識の高度なものが必要であり、裁判所の運用についても把握しておくことが必要です。このようなことを考慮すると、このような企業法務については弁護士に依頼するが望ましいでしょう。債権の回収・管理に関しても、弁護士に普段から依頼しておく方が、コスト的にも時間的にも有益と言えるでしょう。